トップ > 足のむくみ > 足のむくみの原因には何が考えられるの?

足のむくみの原因には何が考えられるの?

女性の方に多いと思うのですが、足のむくみに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?私も足がむくみやすい方なので気になっているのですが、どうして足がむくみのでしょか?原因がわかれば色々と改善できそうですよね。今回は、むくみの原因についてご紹介してゆきます。

まず足がむくむ原因ですぐに思いつくのは、「水分の取りすぎ」ですよね。私も水分の取りすぎで足がむくむと思っていた時期がありますが、実はそうではなく逆に水分不足が原因のことが多いのです。健康な人が足がむくむのを嫌がって水分をあまり取らないというのは逆効果なのです。水分が不足すると人の体は水分の排泄を抑え、水分を貯めこんでしまうため、むくむのです。ですからしっかり水分を摂ることがむくみの解消に役立つのですね。水はできるだけこまめに飲み、1日1.5リットルくらいを目標に飲むと良いでしょう。

ただ、中には水分の過剰摂取によって、むくみが引き起こされることもあります。この場合は、カリウムを取ることで必要のない水分を尿や汗として外に出してくれます。また病気が原因で足がむくむこともあります。例えば、甲状腺の機能が低下していたり服用している薬の副作用だったり、ビタミンB1が足りないことでも足がむくんでしまいます。

このように病気をお持ちの人は、それが原因の可能性もありますので、かかり付けの先生に相談してみましょう。


水分の取りすぎや水分不足だから足がむくむとは一概に言えないのが厄介なところです。1日中立ちっぱなしの時に足がむくむというのは、それほど気にしなくても良いのですが、病気が原因で足がむくんでいる場合は注意が必要です。

ちなみに、むくんでいるところを指で押してみてください。むくんでいると押した部分が凹むのですが、凹んだまま戻らないときは病気が原因かもしれません。一度病院を受診してみてください。

関連記事

足のむくみ、実は水分不足が原因だった!

むくみの原因が病気によるときもある

足のむくみが朝でる理由とは?

足やせのために、足のむくみを解消してみよう